カラオケで高得点とる!上手く歌う「3つ」の姿勢【覚えるだけ】

カラオケでボイトレすると、すぐに喉を痛めてしまうのはなんでだろう?

本記事ではボイストレーニング歴4年以上の僕が、こんなお悩みを解決するよ!

この記事を読むと解決すること
  • カラオケで高得点を出したい
  • よい声が出ない姿勢を知りたい
  • 上手く歌うための姿勢を知りたい

いとも簡単にできる!上手く歌う姿勢の秘密を徹底解剖!

カラオケで歌い続けると、すぐに喉を痛めてしまうあなた、原因の一つとして悪い姿勢で歌っているかもしれません。

知らないと損する「歌う姿勢」をしっかり意識することで、あなたの歌声はたちまち上達していくでしょう!

プロフィール
ともきゃん
  • 当ブログ「ともきゃん家」の運営者。
  • 邦楽ロックを聴いたり、ギターをさわる時間が好き。
  • ボイストレーニング歴4年以上。
  • ギター歴4年以上。
    ※エレアコギター「TSP178AC SBB タカミネ」愛用
目次

驚くほど変わる!カラオケで上手く歌う「3つ」の姿勢

あなたはカラオケに行ったとき、歌う姿勢を意識していることはありますか?

背筋をまっすぐにしているよ!

背筋をまっすぐにして歌うと、良い声が出しやすいよね!
その他にも、正しい姿勢を意識することがあるんだ!

良い声を出すには正しい姿勢は絶対に欠かせないので、ポイントを一つずつ意識しながら歌うこと。現役のミュージシャンは「姿勢をまっすぐに歌う」と意識しなくても、正しい姿勢で歌うことができます。

あなたが目指すことは意識しなくても正しい姿勢で歌えるようにすること。間違った姿勢で歌ってしまうと、下記のデメリットによってボイトレしても上達できません。

  • 喉を痛める
  • 声量が小さい
  • 高音が出せない

このようなデメリットを感じている方は、歌う姿勢を見直してカラオケで高得点とれる響く歌声を目指しましょう!

カラオケで高得点をとりたいなら、正しい姿勢で歌って体に染み込ませよう。

ボイトレしても上達しない!よい声が出ない姿勢

毎週のようにカラオケに行って同じ曲を歌ってもなかなか歌が上手くならないなら、歌う姿勢を見直しましょう。

下記のように間違った姿勢で歌ってしまうと、良い声が聴き手に届くことはありません。

  • 前屈みの姿勢になっている
  • 顔を上向きにして歌っている
  • マイクを口に対して斜めに歌っている

前屈みの姿勢になっている

音程や歌詞を間違えずに読み上げようとするあまり、上半身を前に曲げてしまう人がいます。

僕のことだ・・・
歌詞を覚えていないから、歌詞を必死に読み上げようとして前屈みになっちゃうんだよね。

猫背の姿勢になるとお腹が窮屈になり、発声のコントロールしやすい「腹式呼吸」を使いづらくなります。

腹式呼吸は吐く息が安定するので、安定した歌声を出すことができるため、ミュージシャンも使っている呼吸法です。

頭が前に出ると喉が狭くなってしまうので、声が通りにくくなって喉を痛めてしまう原因になります。

顔を上向きにして歌っている

あなたは高い音を出そうとして、頭を上向きにして顎を突き出していませんか?

頭を上向きにすると、高い音を発声する際に共鳴させる空間「鼻腔」で声が響かなくなってしまい、喉に力が入りやすくなります。

鼻腔で共鳴できなければ、声量が小さくなって高い音を出すことができません。

鼻腔共鳴を確認してみよう

  1. 口を閉じた状態でハミングする。
  2. 鼻に手を触れてみる。
  3. 鼻が振動していれば鼻腔で共鳴している証拠。

マイクを口に対して斜めに歌っている

カラオケで歌うときは、マイクを口に対して斜めに構えていませんか?

口に対してまっすぐ構えないとマイクはすべての音を拾うことができず、ムラのある不安定な歌声になります。

マイクの構える方向は、カラオケ採点にも大きく影響します。歌うときはマイクをまっすぐ持つことで、正面から音を拾えるので、あなたの歌声をきれいに拾ってくれます。

歌で使うテクニックより、悪い姿勢を改善することから始めよう。

プロはみんなやってる!よい声が出る姿勢

よい声を出すには、正しい姿勢で歌うことが欠かせません。

正しい姿勢で歌うことができれば、声量が大きくなったり、高い音を出しやすくなるので、実践して響く歌声を身につけてくださいね!

  • まっすぐの姿勢になっている
  • 顎を引いて喉が開いている
  • 口に対してマイクをまっすぐに構える

まっすぐの姿勢になっている

吐く息が通りやすくなるように、腰から頭までまっすぐになっている姿勢が好ましいです。

体がまっすぐになっているか分からないときは、立った姿勢で後ろ側に壁をベタッとつけましょう。後ろ全体がついていれば、まっすぐの姿勢になっている証拠です。

もしまっすぐの姿勢になっていなければ、下記のポイントを一つひとつ意識しながら姿勢を組み立てましょう。

まっすぐの姿勢をチェックしよう
  • かかとと後頭部が一直線になっている
  • 後頭部は真上に引っ張られているイメージ
  • 胸は張りすぎない
  • 腰は反らないようにする
  • 足は八の字にする

顎を引いて喉が開いている

頭が普段より後ろの位置になるように顎を引いて、顎は定位置をキープさせましょう。

顎を引くことによって、肺から送られてくる息の通り道(気管)が開きます。呼気の通り道ができて、声がスムーズに出せるようになります。

口に対してマイクをまっすぐに構える

カラオケで歌うときは、口に対してマイクをまっすぐに構えて歌いましょう。マイクは正面から音を拾うことで、あなたの歌声をきれいに拾ってくれます。

悪い姿勢はすぐには直らない。普段からスマホを触るときは、前傾姿勢にならないように背筋をまっすぐに伸ばして、正しい姿勢を習慣付けよう。

姿勢が変われば歌声も変わる

あなたは上手く歌うためには「正しい姿勢」を意識することで、歌声に変化が起こることが分かりました。

歌うときに使うテクニックをトレーニングしても、正しい姿勢で歌うことができなければ、声量が小さくなってしまい、高い音を出すことができません。

猫背の原因は下記の生活習慣によって起きます。

  • PCやスマホを前傾姿勢になる
  • 座ったときに骨盤が後ろに倒れる
  • 足を組む

一つでも当てはまるなら、今日から猫背の改善に努める習慣を付けましょう!

猫背の改善は歌声が変わるだけではなく、痩せやすい身体になったり、腰や肩に負担が減るため、腰痛・肩こりの解消にもつながります。

猫背を治すと良いこと尽くしだね!

姿勢が良いと若々しく見えるよね!

もし「正しい姿勢で歌えているのか分からない」と感じるなら、音楽教室のレッスンでプロの講師に見てもらいましょう。

大手の音楽教室であれば、無料で体験レッスンを受けることができます。

おすすめの音楽教室は下記の記事でもまとめています。お近くの校舎を探して、無料体験レッスンに申し込んではいかがでしょうか?

カラオケで歌うときは「歌う前に正しい姿勢になっているか?」を意識して、高得点を目指しましょう!

音楽教室のレッスンでは、発声練習する前に歌う姿勢をチェックするよ!
講師から「歌うときに前傾姿勢になっている」と何度も注意されたね・・

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次
閉じる