音程を直したい!ボイトレ「ハミング」で歌が上手くなる【原因も解説する】

好きな曲を歌いたいけど、正しく音程がとれないのはなんでだろう?

本記事では、音楽教室のレッスン歴2年半の僕が経験談を踏まえて、こんなお悩みを解決するよ!

・音程を正しく歌いたい
・どうして音程を外してしまうの?
・ハミングのトレーニング方法を知りたい

驚くほど歌が上達する!音程を効率的に鍛える方法

自信に音程がないあなたに、音程を効率的に鍛えるトレーニング方法を解説します。

音楽教室のレッスンでも使う「ハミング」というトレーニング方法で、今よりさらにワンランク上の歌声を身に付けましょう!

プロフィール
ともきゃんのイラスト
ともきゃん
ともきゃんのイラスト
ともきゃん
  • 個人ブログ「ともきゃん家」の運営者。
  • SNSで発信したり、ココナラでサービス販売しています。
  • ボイストレーニング歴4年以上(音楽教室レッスン歴2年半)
  • ギター歴3年以上(エレアコギター「TSP178AC SBB タカミネ」愛用)
目次

ハミングを使った発声法

ハミングを使ったトレーニングを行うことで、音程や声の通りがよくなります。

ハミングって言葉は聞いたことはあるけど、どんな意味なんだろう?

ハミングとは、口を閉じてメロディを歌うことだよ!
気分が良い時に歌う鼻歌のこと!

あなたも日常生活の中で気分が良いとき、自然と鼻歌を歌っていたことはありませんか?

鼻歌は鼻や喉に力を入れないため、

  • 音程が取れる
  • 高い音が出せる
  • 声の通りが良くなる
  • 腹式呼吸が鍛える

上記の4点を効率よくトレーニングできるため、効果的な練習方法として音楽教室のレッスンでも使われています。

ハミングは音楽教室のレッスンでも行う、実践的なトレーニング方法。

正しい音程で歌えない3つの原因

ハミングで歌う前に、正しい音程をとれない3つのタイプを解説します。

音痴といわれる人は自分の歌声に自信を持てず、カラオケや忘年会の2次会で歌ってもストレスが溜まることもありますよね、、

流行りの曲を歌いたいのに正しい音程で歌える自信がなくて、結局自信のある曲を歌っちゃうことってあるよね。

しかし、音痴はトレーニング次第で誰でも改善できます。

音痴を改善する前に正しい音程が取れない原因を把握した後、適切なトレーニングをしていきましょう!

  • 自分の音域を認知していない
  • 正しい音程を把握していない
  • 正しい音程を発声していない

自分の音域を認知していない

音程が外れている自覚を持っていないタイプです。正しい音を発声できたとしても、正しい音で発声できたという自覚がないため再現性がありません。

自分の音域を認知するためには、自分の歌声の高さを認知するためのトレーニングが必要です。

まずは「ド」の音、「ミ」の音を意図して発声できるようにトレーニングしましょう。

正しい音程を把握していない

音程が外れている自覚は持っているけど、音程が曖昧に把握されているタイプです。

曲の音程が曖昧に把握されていたり、音と音の高さの幅が間違って記憶されているため、音程を正確に記憶するトレーニングが必要です。

スマホのピアノアプリを使って「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」という音階を出して、同じ音を出せるようにトレーニングしましょう。

正しい音程を発声していない

音程が外れている自覚は持っていて、正しい音程を把握しています。しかし、イメージ通りに発声することができないタイプです。

絶対音感を持っていても、上手く歌えない人はこのタイプに当たります。

  • 聴いた音の高さが「ドレミ…」と、瞬時に識別する能力のこと。

自分でイメージする音程を上手くアウトプットできていないため、発声を改善することでイメージ通りに歌えるようになります。

このあと「ハミングで歌う」というトレーニング方法で、正しい音程で歌えるようにしましょう。

音痴はトレーニング次第で改善できる。音程がずれてしまう原因を把握しよう。

ハミングで歌唱力を鍛える

ハミングはボイトレの効果的な練習方法として、音楽教室のレッスンでも実践されています。

あなたもこれからハミングで歌って、効率よくトレーニングしていきましょう!

ハミングのやり方

  1. 口を閉じます。
  2. 「んー」と声を出します。
  3. 鼻を手で触って、ビリビリ振動しているか確認します。振動していたら声が響いている証拠です。

喉は力を入れず、息が流れるように外へ出す。「んー」が頭の上に突き抜けていくようなイメージで声を出してみよう。

効果的な練習方法

ハミングに慣れてきたら、スマホのピアノアプリを使っていろんな音の高さに合わせてハミングしましょう。

「ドーレードーレードー」

と音階を付けながら、ハミングを行うと効果的です。音の高さに合わせてハミングできるようになったら、実際に発声してみましょう。

「まー」

声に出すときは喉に力が入って喉任せにならないように、優しい響きを出してあげることが大事です。

ハミングを使ったトレーニングを行うことで、必要以上に力を使わなくても軽い発声で強い響きを出すことができます。

ハミングは音程を改善できるだけではなく、声に響きをつくるトレーニングにもなるよ!

スッと声を出すイメージで、響きを作ってあげること。喉任せにならないように注意しよう。

ハミングで理想の歌声になる

ハミングを使った発声法を使うことで、音程や声の通りがよくなることが分かりました。

まとめ
  • 音程が取れる
  • 高い音が出せる
  • 声の通りが良くなる
  • 腹式呼吸が鍛える

上記の4点を効率よくトレーニングできる、ボイトレでよく使われる効果的な方法の一つです。

ハミングで歌うことで音程に集中してトレーニングできたり、軽い発声で強い響きを出せるようになります。

「正しい音程で発声できない」

音程にお悩みの方は、今日からハミングでトレーニングしてみましょう。それでもなかなか正しい音程で歌えないなら、音楽教室も視野に入れてはいかがでしょうか?

大手の音楽教室であれば、無料で体験レッスンを受けることができます。

おすすめの音楽教室は、下記の記事でも紹介しています。お近くの校舎を探して、無料体験レッスンに申し込んでみましょう!

これからあなたがやることは明確、「ハミングで歌うこと」です。

音楽教室のレッスンでは音程が迷子になっていると、メロディに合わせてハミングでトレーニングするよ!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる