ボイトレの独学は可能か?独学で得られる効果と最大の落とし穴とは?

Youtubeや本を見ながらボイトレしても、歌は上達するの?

最近は無料でも学べるコンテンツが増えたよね!だけど、●●を見落とすと、無駄な努力になってしまうので注意しよう。
本記事ではボイストレーニング歴4年以上の僕が、こんなお悩みを解決するよ!

この記事を読むと解決すること
  • 本・YouTube を見てるけど成長を実感できない
  • ボイトレ教室に通うべきか悩んでいる
  • 独学とボイトレ教室のメリットを見比べたい

上手な練習方法の選び方ガイド!独学の落とし穴とは?

「もっとうまく歌えるようになりたい!」という理由でボイトレを始める方は多いです。

最近はネット記事や動画など無料で独学できる方法もたくさんあり、手軽に始められるようになりました。

ですが、独学だと自分の成長がわかりにくいのが難点ですよね。

  • このまま独学のボイトレを続けていいのか?
  • ボイトレ教室に通った方がいいのか?

考えてみましょう。それぞれのメリットや、独学で注意したい点を紹介します!

プロフィール
ともきゃん
  • 個人ブログ「ともきゃん家」の運営者。
  • 流行りの音楽を聴いたり、ギターを弾く時間が好き。
  • ボイストレーニング歴は4年以上。
  • 音楽教室レッスン歴は2年半。
  • ギター歴は4年以上。(エレアコギター「TSP178AC SBB タカミネ」愛用)
目次

ボイトレの独学は可能なのか?

ボイトレには独学できる部分が多く、毎日コツコツ続けたいトレーニングも簡単なものが多いです。

ネットの記事や動画、さらに教則本もたくさんあるので「これならボイトレ教室に通わなくてもいいんじゃない?」と思う方もいるでしょう。

  • もう少しだけ上手く歌えるようになりたい
  • カラオケで好きな歌を気持ちよく歌いたい

という程度なら独学でも十分かもしれません。

ボイトレ教室と聞くと、「プロやプロを目指す人が通うもの」とイメージしていませんか?

自分のようなアマチュアが通っても無駄になってしまうのでは、講師や他の生徒に笑われてしまうのではないか…と心配になってしまう気持ちもあるでしょう。

さらに、ボイトレ教室に通いたくても仕事や学校があって都合がつかない、近くにボイトレ教室がない、ボイトレ教室の月謝が高いなどの理由で通えない場合もあります。

そんな場合は、もちろん独学でもボイトレは可能です。独学ならいつでも好きな場所で、あいた時間に気軽に練習ができます。お金もかかりませんし、誰かに気兼ねする必要もありません。

ボイトレ教室に通うか悩んでいる方は、まずは独学でボイトレをしてみましょう。いまいち効果が出ない、もっと本格的に練習したいと思ったら、ボイトレ教室に通うことを本格的に考えてみてもいいですね!

ボイトレ教室で通うメリット

ボイトレ教室に通うことのメリットを紹介します。

独学のままでいいのかわからない、もっとスピーディーに成長を感じたいという方は、ボイトレ教室に通うことのメリットを把握した上で、今後の練習方法を考えてみてくださいね!

成長スピードが速い

独学では自分のクセはわかりにくく、録音した声を聞いても専門的な視点から改善点を考えることはできません。

ですがボイトレ教室ではプロの講師が、あなたの歌い方の問題点や優れている点を見てくれます。その分的確な指摘をしてもらえて、上達のスピードが速くなります。

フィードバックできる環境では、成長スピードを加速させます。

ボイトレでも地道な練習を続けていれば上達できますが、やはりスピーディーに成長したいならボイトレ教室がおすすめ。

モチベーションを維持できる

独学ではつい「今日はいいかな…」と練習をやめてしまったり、夜遅くなってしまって練習ができなかったりと、継続をしにくいです。

一方でボイトレ教室なら必ず通う必要があり、確実に練習の時間が取れます。

他の生徒に刺激を受けたり、講師に褒められたりすることで、やる気もアップしてモチベーションを維持できるでしょう。

ボイトレ教室での練習だけでなく課題を出されたり、教えてもらったことを復習したりすることでも上達が期待できます。

同じ志を持つ仲間ができる

ボイトレ教室にはさまざまな生徒がいます。

中には自分と正反対の歌声の人や、自分と似た悩みを持つ人、憧れの歌い方に近い歌い方ができる人などもいます。

さまざまな人から刺激を受けたり、新たな発見があったりすることもボイトレ教室に通うメリットです。

同じく歌が上手くなりたいという目標を持っている心強い仲間ができれば、よりボイトレに力が入るでしょう。

独学のメリット

ボイトレ教室にはたくさんのメリットがありますが、一方で独学にもボイトレ教室にはない魅力があります。

自分はどちらが向いているのかを考えてみましょう。

自分のペースで進められる

独学なら自分のペースでボイトレを進められます。

毎週教えてもらう内容が変わって苦手な部分を克服できないままボイトレ教室に通うよりは、徹底的に苦手な部分を練習する方が性に合っている方もいます。

クラスのペースに合わせるのではなく、まったりと自分のペースで練習したい方には独学がおすすめです。

お金がかからない

独学のボイトレはお金がかからないという強みがあります。教則本もたくさん出版されていますが、ネットの記事や動画でも十分に効果的な練習ができます。

とくに学生さんなどお金がなくて月謝を払えない方、他の習い事をしていて余裕がない方などには独学がおすすめです。

教則本も、電子書籍の読み放題プランなどでお得に読めるものがありますのでぜひチェックしてみてください。

場所・時間に縛られない

自宅の近くにボイトレ教室がない、空いた時間に通えるクラスがないという理由によって、ボイトレ教室に通うことを諦めている方もいますよね。

独学ならこのような場所、時間の制約がありません。移動する電車の中で腹式呼吸の練習をしたり、家事をしながら鼻歌を練習したり、スキマ時間でできるボイトレもたくさんあります。

ボイトレはすぐに成果が出るものではなく、毎日のちょっとした積み重ねが大切です。少ない頻度でボイトレ教室に通うよりは、毎日独学でボイトレをした方が早く上達を実感できるでしょう。

独学を続ける最大の落とし穴

独学でボイトレをおこなう際は、ただ練習を続けるだけでは足りないかもしれません。

そのボイトレにどんな効果があるのか、本当に上達しているのかをしっかり確認しながらトレーニングを続けるようにしましょう。

独学でありがちな落とし穴を紹介します。

フィードバックを怠りがちになる

ボイトレを重ねていても、そのボイトレにどんな効果があるのか、どんな影響があったのかを確認しなければ意味がありません。

フィードバックを見落としてしまうと「努力が足りないからもっと歌わなきゃ」と思いがちです。歌うことも大事ですが、「歌い方は正しいのか?」と今の常識を疑う視点を持ちましょう。

毎日練習内容を振り返り、ボイトレを始める前と比べてどんな効果があったのかをチェックしましょう。

独学では感覚をつかみにくいので、自分の声を録音して記録するなどの工夫も必要です。あなたの歌い方の問題点を把握し、改善していくことが上達の近道になります。

  • 問題がなかなか解決しない
  • しっかりボイトレしているのに効果が見られない

このような状態に陥っているなら、ボイトレの内容を見直して練習を続けましょう。

上達しない練習法ばかり続けてしまう

ボイトレ方法はたくさんありますが、すべてのボイトレがすべての人に効果的というわけではありません。

間違ったボイトレや自分に合わないボイトレを続けていると上達できず、喉を傷めてしまう可能性もあります。

また、その練習方法が自分に合っていないことにも気づきにくく、いつまでも間違った練習を重ねて時間を無駄にしてしまうかもしれません。

ボイトレを始めた目的は何か?

ここまで独学とボイトレ教室のメリットを紹介してきました。改めて、2つのメリットを見比べてみましょう。

独学音楽教室
コスト
自由度
継続
環境
成長

ボイトレを独学で続けるかボイトレ教室に通うか悩んだときは、初心に帰ってどうしてボイトレを始めたのかを思い出してみましょう。

  • もう少しだけ上手く歌えるようになりたい
  • カラオケで好きな歌を上手く歌いたい
  • 気軽に続けられる趣味が欲しい

といった理由で始めたのなら独学でも構いません。

ですが早く上手くなりたい、好きな歌を歌いこなせるようになりたい、プロのような歌唱に憧れるという方はボイトレ教室に通った方が効率的です。

無意味な練習を続けたくない、自分の長所も短所も客観的に指摘してほしいなど、無駄のないボイトレをしたいならボイトレ教室をチェックしてみましょう!

ボイトレ教室にもさまざまな種類がありますので、下記の記事も参考に、自分にぴったりの教室を選んでくださいね。

効率的なボイトレ方法を学んで、理想の歌い方をマスターしましょう!

●●は「フィードバック」でした!今の歌い方を疑い、問題点を把握するクセをつけよう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

コメント

コメントする

目次
閉じる