MENU
【もっとも読まれている記事】
10つのボイトレを集めました!→今すぐ読む!

DAM派?JOYSOUND派?ボイトレに役立つカラオケの機種を紹介!

カラオケって機種によって特長があるんだね…

本人映像が多いのはDAM?それともJOYSOUNDだと思う?
これからカラオケの2大機種にフォーカスして、あなたに合う機種をチェックしていこう。

この記事を読むと解決すること
  • いつもカラオケの機種に迷ってしまう
  • ボイトレするにはどっちの機種がおすすめ?
  • DAMとJOYSOUNDの違いをチェックしたい

意外と知らないカラオケの機種選び

独学でボイトレを続けていると、その上達具合を確かめたくなりますよね。

  • 歌が上手くなったのか?
  • 高音を出せるようになったのか?
  • 高得点を取れるようになったのか?

ボイトレをして上達すれば、好きな歌を気持ちよく歌えるようになってカラオケももっと楽しくなります。

カラオケの人気の機種と言えばDAMとJOYSOUNDですよね。この二つにはどんな違いがあるのか、ボイトレに役立つのはどちらの機種なのかについて紹介します。

目次

カラオケでボイトレはできる?どう使う?

ボイトレは自宅でも独学でもできる、コストのかからない趣味、ストレス発散方法として人気です。

ですがせっかくボイトレをしているのなら、好きな歌を気持ちよく歌いたいですよね。そんなときに便利なのがカラオケです!

  • 周囲を気にせずに思い切り歌う
  • いい音響で歌う
  • マイクを通した自分の声を録音する

など、気持ちよく歌えますし、モチベーションも上がりますね。また、カラオケでは採点機能があるので、客観的に自分の歌のレベルをチェックできるのも嬉しいポイントです。

ただ一点、カラオケのマイクにはエコーがかかっており、エコーをかけると細かな音程を把握しづらくなってしまいます。

カラオケでボイトレをしたりボイトレの効果を確かめたい場合は、エコーを切って歌うのがおすすめです。

普段は自宅でボイトレをして、週末やちょっと時間が取れたときなどにカラオケで実力を試したりストレスを発散したりするといった使い方がいいでしょう。

DAMとJOYSOUNDの違いを比較しよう

まずはDAMとJOYSOUNDの違いを簡単に紹介します。

それぞれの違いを把握して、自分が使いやすいのはどちらなのかを考えてみてください。

採点機能の精密さ

ボイトレでカラオケを利用する際にまず気になるのが採点機能の精密さですよね。より上達を目指すのであれば、細かく厳しく採点してくれる機種を選びたいものです。

その点ではDAMの方が優れています。DAMはほんの少しの音やスピードのズレだけでなく感情表現やしゃくりなどの細かい部分まで採点してくれて、人間が聞いた感覚に近い点数を出してくれます。

メディアのカラオケバトルなどで使われるのもDAMの方が多いです。

一方でJOYSOUNDの採点はやや甘く、高得点を出しやすいです。高い点数を出して気持ちよくなりたいという場合にはJOYSOUNDを選んでもいいでしょう。

映像コンテンツの豊富さ

映像コンテンツの豊富さでもDAMの方に軍配が上がります。本人映像やアニメ映像などが豊富に用意されており、楽しみながら歌えます。

せっかく好きなアーティストや好きな作品の歌を歌うのであれば、本人の映像やアニメの映像が出る方が楽しいですよね。

気分転換にカラオケを利用したい、友だちと盛り上がりたいというときはDAMがおすすめです。

一方でJOYSOUNDはスマホにつないで好きな映像を流しながら歌えるという機能もありますが、やや上級者向けですので使い慣れてから利用するといいでしょう。

曲目の多さ

曲目の多さで言えばJOYSOUNDの方がおすすめです。

マイナーなバンドの曲、ボーカロイドの曲、アニメの曲、舞台やミュージカルの曲なども豊富に揃っており、「歌いたい歌があるのにカラオケに入っていない!」というがっかりな思いをせずに済みます。

とくにボーカロイドの曲は難易度が高くボイトレにも使いやすいです。本格的にボイトレをしたい方にはミュージカルの曲もおすすめです。

好きなボーカロイドの曲、練習に使いたいミュージカルの曲があるという方はJOYSOUNDを選ぶといいでしょう。

DAMはこんな人におすすめ!

DAMがおすすめなのはどんな方なのかを紹介します。

音質のいい楽曲で歌いたい、精密な採点をしてほしい、ボイトレ専用の機能を使いたいという方にはDAMがおすすめです。それぞれの特徴を見てみましょう。

本格的な音楽で歌いたいならDAM

カラオケでの楽曲はCD通りでないことがほとんどです。歌いやすいようにややアレンジされていたり、テンポやメロディが違うことも珍しくありません。

ですが、DAMは原曲の再現度が非常に高いです。生演奏で立体感があり、自分がライブでステージに立って歌っているような気持ちで歌うことができます。

原曲を何度も聞いていて、自分も好きなアーティストのように歌いたいという方におすすめです。

精密な採点を期待するならDAM

ご紹介した通りDAMの採点機能は非常に精密です。歌の上達を目指すのであればDAMを選ぶといいでしょう。

採点内容もきちんと細かく教えてくれるので、自分の歌い方のどこに問題があるのか、どう改善すればいいのかも見えやすくなります。

その分、JOYSOUNDより採点が厳しめなので、修正しながら根気よく歌い続けましょう。

ボイストレーニング機能があるDAM

さらにDAMにはボイストレーニング機能もあります。

これはただ歌を採点するのではなく、指定されるリズムや音程を正しくこなせるかをチェックしてくれるものです。課題を自分で選べるので、苦手な分野を特化していくこともできます。

  • ハモリ
  • ビブラート
  • しゃくり
  • こぶし

など、細やかなドリルが豊富に用意されているのでぜひチェックしてみてください。歌い始める前のボイストレーニングにもおすすめです。

JOYSOUNDはこんな人におすすめ!

続いてJOYSOUNDのおすすめポイントもチェックしてみましょう。

豊富な楽曲が人気のJOYSOUNDは、マニアックな歌の練習がしたい方、休憩を取りながら長時間練習したい方、他のユーザーの歌い方をチェックしてみたい方などにおすすめです。

好きな歌を上達したいならJOYSOUND

JOYSOUNDの魅力は楽曲の豊富さ。マニアックな歌の練習をしたい方にはJOYSOUNDがおすすめです。

新曲や次話題になりそうな曲をいち早く練習したい、舞台やミュージカルで通用するような歌の練習をしたいという思いもJOYSOUNDなら叶えてくれます。

本格的なボイトレだけでなく、「ストレス発散や気分転換のためにカラオケに来たのに歌いたい歌がなかった…」とがっかりしたくない方はJOYSOUNDを選びましょう。

公式サイトではその楽曲が入っているかどうかを調べられますので、事前にチェックすることもできますね!

長時間練習したいならJOYSOUND

一人でカラオケにこもって長時間練習したいという方にはJOYSOUNDがおすすめです。

カラオケで長時間歌い続けるのは大変ですので、ときどき休憩を挟みたいですよね。そんなときにJOYSOUNDにはお笑いチャンネルなどが用意されています。

歌の練習をするだけでなく、

  • 休憩中にエンタメコンテンツを見たい
  • 友だちと雑談しながらカラオケを楽しみたい
  • 楽器の練習をしたい

などの方にもおすすめです。

スマホに画面を接続してYouTubeなどの動画を楽しんだり、好きな動画をバックにカラオケを楽しむなどの遊び方ができるのもJOYSOUNDの人気の理由の一つです。

他のユーザーの歌い方もチェックしたいならJOYSOUND

JOYSOUNDにはうたスキという機能があります。これは他のユーザーが歌っているところをチェックできるという機能です。

他の人の歌い方を参考にしたり、上手い人の歌を聞いてモチベーションを上げたりすることができます。

アーティストのライブなどとは違いカラオケ特有の音の響き方やこもり方も客観的に把握できるので、自分の歌い方に還元することも可能です。

自分に合ったカラオケ機種を選んでボイトレに役立てよう

ボイトレに役立つカラオケの使い方、人気のDAMとJOYSOUNDの違いについて解説しました。これまでの内容を振り返りましょう。

DAMJOYSOUND
曲数271,000曲
※LIVE DAM Aiの場合
310,000曲
※JOYSOUND MAX GOの場合
マイナー曲
映像コンテンツ
採点精度
ボイストレーニング中上級者向け初心者向け

カラオケの目的がボイストレーニングの場合、ボイストレーニング機能を搭載しているDAMがおすすめ。ただし、JOYSOUNDより採点が厳しめなので、モチベーションが下がらないように注意しましょう。

カラオケでは自分の好きな歌を気持ちよく歌えてストレス発散になるだけでなく、自分が今どれくらい歌えているのか、自分に足りないものは何なのかを認識することもできます。

独学のボイトレで歌の上達を目指すのなら、カラオケに定期的に通うのはおすすめ。以下の記事も参考にしながら、高得点を目指しましょう!

どちらも機能性は世界でも高く評価されていますが、採点機能のDAMと楽曲の豊富さのJOYSOUNDといった違いがあります。

自分に合うカラオケはどちらかなのかを最適な方を選んで、楽しんでボイトレしていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる