歌声の声量を上げる!最優先すべきボイトレ3選【原因も解説する】

私の声が小さくて、自信がないように思われていないか不安。。

声が小さい、というコンプレックスは、トレーニングすれば直せるよ!
本記事ではボイストレーニング歴4年以上の僕が、こんなお悩みを解決するよ!

この記事を読むと解決すること
  • 声が小さくてコンプレックスに感じる
  • 歌の声量が小さくなる原因
  • キレイな声のまま声量を上げるアクションプランがほしい

コンプレックスを自信に変わる!今読むべき声量の上げ方

歌声が小さいのが悩み…という方のために、歌声が小さくなってしまう理由や原因、そして今すぐ試してほしいボイトレ方法を紹介します!

歌声の大きさには個人差がありそれも大切な個性の一つですが、自分でも気づかない内に必要以上に歌声を小さくしてしまう要因を作っているかもしれません。

「元から声量が少ないから…」と諦めずに、その原因と改善方法をチェックしていきましょう!

プロフィール
ともきゃん
  • 当ブログ「ともきゃん家」の運営者です。
  • 音楽教室「シアーミュージック」で、ボイトレとギターレッスンを受講中。
  • 邦楽ロックを聴いたり、ギターを触る時間が好き。
  • ボイストレーニング、ギター歴4年以上。
    ※エレアコギター「TSP178AC SBB タカミネ」愛用
目次

声量が大きい歌声とは?

もっと大きな声で伸び伸びと歌いたい、パワフルな歌声を目指したいと思ったとき、思い浮かぶのは誰ですか?

それぞれに理想とするアーティストがいるでしょう。

声量のあるアーティスト、パワフルな歌声を持つアーティストのイメージがイマイチ掴めない…という方は、一例ではありますが、

  • MISIAさん
  • Superflyの越智志帆さん
  • B’zの稲葉浩志さん

などの歌声を思い浮かべてみてください。

このような方たちは歌が上手い、表現力が豊かというだけでなく、声量が大きく聞いていてハッとするような歌声が特徴でもあります。

実際にコンサートで見たり聞いたりして驚いた、コンサートの映像を見てCD音源と同じくらいの声量に驚いたという経験がある方も多いのではないでしょうか?

他にも声量が大きなアーティストはたくさんいますので、「自分もこんな歌い方をしたい!」と思えるアーティストを見つけてみましょう。

声量が小さくなる原因

自分の歌声が小さくて悩んでいる方は、まず声量が小さくなってしまう原因を探してみましょう。

  • 姿勢が悪い
  • 口が開いていない
  • 呼吸方法が間違っている

など、人それぞれに声量が小さくなる理由は違います。

自分でも気づかない内にこのようなクセが染みついていないか、今一度確認してみてください。

声が出ない姿勢

声量が小さい原因としてまず考えられるのが姿勢です。

  • 背中が曲がっている
  • 肩が内側に丸まっている
  • 首が前に突き出ている

というような姿勢では、十分に体内に空気を取り込めません。その分吐き出せる息の量も少なくなり、歌声が小さくなってしまいます。

上記で紹介したような声量の大きいアーティストが歌っている映像を一度チェックしてみてください。背筋を伸ばしあごを引き、まっすぐ前、またはやや上を見て、美しい姿勢で歌っているのがわかります。

美しい姿勢は見た目がいいだけでなく体内に十分に空気を取り込むことができ、大きな声を出すためにも非常に大切です。

歌うときは姿勢を正すことをまずは身につけましょう。座ったまま歌うのではなく足を肩幅くらいに開いて立って歌う方が綺麗な姿勢を維持しやすく、ボイトレのときにはおすすめです。

口の開きが小さい

歌っているときの顔を一度、動画で撮影してチェックしてみてください。鏡を見ながら歌うのでもOKです。そのとき、口の開きが小さすぎてはいませんか?

口の開きが小さいと、声が広がる範囲が少なくなってしまいます。

歌声に自信がない、音程に自信がないという方は、気づかないうちに口を開かずにボソボソと話すように歌ってしまっているかもしれません。

また普段話すときもあまり口を開かないという方もこの状態に陥りやすいです。歌う前に口を大きく開けて「あいうえお」の発声をしてみるなど、口を大きく開くことに慣れていきましょう。

少し大げさなくらい口を開いて歌ってみると、それだけでも簡単に声量がアップしたように聞こえる可能性もあります!

胸式呼吸で発声

胸で息をすることを胸式呼吸といいます。胸式呼吸では息が胸にまでしか回らず、吐き出す際も同様に胸から吐き出すことになります。

お腹の底から声を出すことができないため声量も小さくなってしまいます。姿勢が悪いと胸式呼吸に陥りやすく、普段から姿勢が悪い方はとくに注意が必要です。

声量を大きくする呼吸方法を習得すれば普段の話し声もはっきりと聞き取りやすい声量になりますよ。

声量アップのために大切な腹式呼吸については、これから詳しく紹介していきます。

声量アップのトレーニング方法

声量をアップするためにおすすめのトレーニング方法を紹介します。

姿勢を正す、腹式呼吸、広い空間で歌うイメージを持つなど、今回ご紹介する方法は特別な機械や複雑な仕組みは必要ありません。

自宅や一人カラオケでも気軽に試せるので、自分の声量に自信がない方はぜひ実践してみてくださいね。

声が出る姿勢で歌う

姿勢の悪さは声量の低下につながる大きな原因の一つです。声を出しやすい姿勢を習得しましょう。

まずは背筋をしっかり伸ばすことを意識してください。声が小さい人は前かがみになっていることが多いですが、これだとしっかり空気を取り込んで大きな声を出すことができません。

また顔は前、またはやや上に向けるようにしてください。喉から空気が通りやすく、響かせやすくなり、大きな声を出せます。

そのためにはマイクを口の下に持つのではなく、口に対してやや斜めに持つこともおすすめ。顔の向きを安定させやすいだけでなく、マイクがきちんと音を拾えるため歌声をしっかり周囲に広げられます。

歌うときの姿勢についてはこちらの記事でも詳しく解説していますので、ぜひチェックしてみてください。

腹式呼吸で発声

胸で呼吸をしていると取り込む息の量も吐き出す息の量も少なくなってしまいます。歌声の声量をアップしたいのであれば腹式呼吸を習得することはマストです。

腹式呼吸とは、簡単に言えば吸うときにお腹を膨らませ、吐くときにお腹をへこませる呼吸方法です。腹式呼吸をすることで一度に大量の空気を体内に取り込むことができ、同時に大量に吐き出すことができます。

お腹の底からパワフルな歌声を出すこともできますので、声量をアップしたい方は普段から腹式呼吸を意識するようにしてみてください。

お腹を使って呼吸をすることで肺活量もアップし、これまで歌い切るのが難しかった歌にもチャレンジできるようになるかもしれません!

腹式呼吸がしっかり身につくと、大きな声を出せるだけでなく声の大きさが安定するといったメリットもあります。歌の上達に欠かせない呼吸法はこちらでも解説していますので、ぜひチェックしてみてください。

広い空間にいるつもりで歌う

自宅や狭いカラオケの部屋で歌うときでも広い空間にいるつもりで歌ってみましょう。

実際のコンサート会場や、コンサートの映像をイメージしてみてください。そのステージに立ち、一番後ろの席の人にも自分の歌声を届かせたい。

そんなとき、今のままの声量で十分でしょうか?

広い空間をイメージすると自然と声量もアップします。特別なトレーニング方法ではありませんが、非常に効果的な方法でもあります。

歌うときは広い空間で歌っているイメージを持つようにしましょう。

「声が小さい」を過去にしよう

歌うときに声が小さくなってしまうのが悩み、もともと声が小さいから諦めているという方は、声量が小さい原因をまずは確認してみてください。

姿勢や呼吸などの原因を知ることで、驚くほど大きな声を出せるようになるかもしれません!

声量をアップするには筋力トレーニングや特別なボイトレも大切ですが、これらの簡単なことを意識するだけでもその差は歴然です。

体の底から響き渡るような力強い歌声、周囲をハッとさせるような声量の持ち主であるアーティストも参考にしてみましょう。

歌っている映像を見て、姿勢や口の開き方を真似するのも良い刺激になります。

僕は「声が小さい」がコンプレックスだったけど、ボイトレを始めてからハキハキと話せるようになったよ!
今回紹介した3つを実践して、コンプレックスを自信に変えよう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次
閉じる