【もっとも読まれている記事】
10つのボイトレを集めました!→今すぐ読む!

話し方で頭の良さがわかる!?頭がいい人と悪い人の話し方の違いとは?

職場の同僚に意見しても受け入れてもらえないし、伝えたいことが相手に伝わらないよ。

よく意見を受け入れてもらえる人には共通点があるよ!
まずは、頭がいい人の話し方をチェックして、自分の話し方に取り入れてみよう!

この記事を読むと解決すること
  • 主張を受け入れやすい話し方とは?
  • 頭がいい人の話し方の特徴とは?
  • 頭がいい人の話し方を取り入れるには?

頭が悪い人の話し方から脱却!これだけで印象が良くなる

学歴やステータスに関係なく、

  • 知性を感じる話し方をする人
  • 意見が通りやすい話し方をする人
  • つまらない話をする人
  • 伝えたいことがわかりにくい人

など、いろんな話し方をする人に遭遇するシーンは多いですよね?

頭のいい人は話し方も上手いケースが多く、そのような人と話すと

  • 自然と納得しやすい
  • 主張を受け入れやすい
  • 要望を聞き入れやすくなる

というように、会話がスムーズに進みやすくなります。

上手な話し方はビジネスシーンはもちろん、プライベートの人間関係を構築するうえでも重要です。

頭のいい人の話し方にはどんな口調があるのか、そして頭の悪い人の話し方をしていないかを確認しましょう!

目次

頭がいい人の話し方の特徴

話し方から頭の良さをうかがい知ることができます。

それでは、実際に頭のいい人はどんな話し方をしているのか、特徴をチェックしてみましょう。

周囲に下記のような話し方をしている人がいるのであれば、話し方の参考にしてみてください。

はっきりと結論から話す

頭のいい人はまずはっきりと結論から話すことが多いです。説明したいこと、報告したいことがたくさんあっても、まずは結論から話します。

その後、相手の持っている情報や知識を判断し、それに合わせて話す内容を構築していきます。

はっきりと結論から話されるとこちらも話を受け入れやすく、必要な情報も質問しやすいです。

相手の反応が怖いから言い訳が長くなってしまう、結論をぼかして伝えてしまうと、余計に伝わりにくく、頭が悪そうに思われてしまいます。

考えてから少し長めに話す

伝えやすく話すためには端的に話すことが大切ですが、短すぎる文章は相手の印象に残りません。興味を持ってもらえず、スルーされたりすぐに忘れられてしまいます。

一方で頭のいい人は、ある程度長い文章をしっかり論理だてて話すことができます。

「話が長いとつまらないと思われてしまうのではないか?」と思っている方も多いですが、きちんとわかりやすい順番で話せば最後まで聞いてもらえます。

伝えやすく長く話すには、その分野の充分な知識や伝えるための語彙力、教養が必要です。頭のいい人の話し方は真似しようと思っていきなりできるものではなく、日々の積み重ねも大切です。

言い換えの表現が上手い

頭のいい人は言い換えの表現が上手いという特徴もあります。一つの事例を説明するにしても、語彙が多ければ多いほど相手やシーンに合わせてさまざまな言い換えができます。

一つの言葉をさまざまな言い換えで表現する技術、二つ以上の伝えたいことを統一した単語を選ぶ技術などが必要です。

ですが、頭をよく見せたいがためにカタカナ言葉や専門用語を乱用する人がいます。

外から見るとかえって滑稽に見えたり、意味を間違えて覚えていることを指摘されたりしてしまうかもしれません。

発言するタイミングを掴めている

頭のいい人は話す内容だけでなく発言するタイミングも正確に理解しています。

会議などで頭のいい人が話し始めることが多いのは、最初と、初動メンバーがある程度話し終わったときと、最終的に話をまとめるときです。

  • 最初に話して会議の流れを自分のものにする
  • 初動メンバーが話し終わって話の内容をまとめたり問題点を指摘する
  • 会議の内容をまとめ上げるというタイミングで話す

最小限の発言で会議に存在感を残すことが可能です。

思いついたタイミングで話したり、何も話せないまま過ごしたりしていると、頭が悪い印象を与えてしまいます。

事実と想定をわけて話す

頭のいい人は事実と想定をわけて話せます。

自分が思っていることと実際の予定や実際の出来事を混ぜて話すと相手に伝わりにくく、何が言いたいのかが見えにくくなってしまいます。

自分の考えを伝えたいときは、事実を伝えたあとで「移行は自分の考えですが」ときちんと区別して話せるようになりましょう。

要望が明確で受け入れやすい

頭のいい人の話し方でお願いをすると受け入れられやすいです。それは、要望の内容が明確で相手にとって受け入れやすいものだからです。

  • 判断してほしいこと
  • 指摘してほしいこと
  • 確認してほしいこと
  • アドバイスをしてほしいこと

などを最初にわかりやすく伝えているので、相手も自分が何をすればいいのかすぐに判断でき、相手の要望を受け入れやすくなります。

要望が明確でないと結局自分が何を頼まれているのかわかりにくく、上手に指示ができない可能性もあります。

頭がいい人の話し方を取り入れるには?

頭がいい人の話し方を真似できれば、周囲から頭のいい人に見られるだけでなく、

  • 意見が通りやすくなる
  • 指示を聞き入れてもらいやすくなる
  • 信頼度が高まる

など、メリットがたくさんあります。

頭のいい人の話し方を取り入れるにはどんなことをすればいいのかを見てみましょう。

語彙力を身に着ける

頭のいい人は語彙が豊富です。会話の内容や相手の感情、話している相手に合わせてさまざまな言い換えができるので伝わりやすい話し方ができます。

語彙力はすぐに身に着くものではありません。日々読書をする習慣をつける必要があります。

時間がない、何を読めばいいかわからない方は、類語辞典やビジネス単語辞典などをすき間時間に読むようにしましょう。

情報をインプットする習慣をつける

話の内容の分野についての情報量が豊富にあると、その分説得力のある話し方ができます。さまざまな情報をインプットする習慣を身に着けることも大切です。

頭のいい人はあえて勉強しているという感覚はなく、

  • Webメディアや新聞でニュースを読む
  • 話題の書籍を読書する
  • 勉強会やセミナーに参加する

などの習慣からさまざまな情報を身に着けています。

朝の習慣の一つとして新聞を読むようにする、ある分野についての本を読む時間を作るなど、無理なく続けられるインプットの習慣を作りましょう。

話し方教室に通う

語彙力を身に着けたり情報をインプットする習慣を身に着けたりするのには時間がかかります。

しっかり習慣づけることができればそれだけ頭のいい人の話し方を真似しやすくなりますが、知識や情報がたくさんあっても話し方の基本が理解できていないとせっかくの努力も無駄になってしまいます。

自分の話し方に自信がなくて頭のいい人の話し方に憧れているのであれば、このような話し方教室に通ってみるのもおすすめです。

話し方教室にはさまざまな講座の種類がありますが、

  • 日常会話の悩みを改善する
  • 営業や会議などのビジネスシーンで役立つ
  • 面接で有利に進められる

などが開催されています。頭のいい人の話し方を取り入れるコツや、より細かな話し方のポイントをわかりやすく教えてもらえるでしょう。

マンツーマンの話し方教室であれば、あなたの話し方にどんな問題があるかを把握した上で効率的に話し方を改善できる指導をしてもらえます。

中には実際にスピーチやディスカッションを交えながら指摘してくれる話し方教室もあり、学んだことをすぐにビジネスシーンに活用できます。

スマートな話し方を習得するために話し方教室へ通おう

頭のいい人の話し方にはさまざまな特徴があります。

とは言っても、いきなり頭のいい人の話し方をマスターできるわけではありません。日頃から語彙力や論理的な思考力を身に着ける必要があります。

また、ビジネスシーンなどで役立つ話し方をマスターできる話し方教室にも通ってみましょう。

話し方のプロから上手に伝わる話し方のポイントを教えてもらえるだけでなく、自分の話し方にどんな問題があるのかをアドバイスしてもらえます。

  • 自分の話し方に自信がない
  • 意見が通りにくい
  • 部下への指示を受け入れてもらえない

という悩みをお持ちの方は、ぜひ話し方教室を探してみてくださいね!対面でのレッスンに抵抗がある方は、オンラインを利用しましょう!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
目次