ボイトレや話し方など
「声」をテーマに発信するブログはじめての方はこちら

相手に伝わる話し方を習得!今からできるトレーニングを5つ紹介

ブログ記事のサムネイル

私の話し方に難があるのか、相手のリアクションが悪くなるよ…
今すぐに話し方を改善できる方法を知りたい。

話し方は第一印象にも関わる非常に重要なポイント!
これから今すぐにできる話し方のトレーニングを紹介していくよ!

この記事を読むと解決すること
  • 自分が話し出すと相手のリアクションが悪くなる
  • 相手に伝わる話し方ってなに?
  • 今すぐにできる話し方のトレーニングを知りたい

相手に伝わる話し方で良好な人間関係をつくる

突然ですが、あなたは自分の話し方に自信がありますか?

  • 思うようなリアクションを得られなかった
  • 何度も聞き返された
  • スピーチや面接で失敗したことがある

など、自分の話し方に自信がないという方は多いですよね?話し方は自分では欠点がわかりにくく、改善方法も見つけにくいです。

ですが話し方は第一印象にも関わる非常に重要なポイントです。日常生活だけでなくビジネスシーンでも相手にしっかり伝わる話し方を習得することはとっても大切。

今回はそんな話し方について、相手に伝わる話し方とはどんなものなのか、今すぐできる簡単な話し方のトレーニングについて紹介します。

運営者のプロフィール
ともきゃん
  • 当ブログ「ともきゃんのボイス生活」の運営者
  • 同僚に上手く仕事を振れないことから話し方を学び始める
  • Web制作やディレクションの実務経験で得た知見を発信
  • これまでに話し方関連の本は30冊以上読了
目次

相手に伝わる話し方ってどんなもの?

考える男性

まずは相手に伝わる話し方とはどんなものなのかを理解しましょう。

話がうまい人の話し方を思い出しつつ、自分はこの話し方ができているかを確認してみてください。

論理的で理屈が通っている

伝わる話し方の特徴の一つに、論理的で理屈が通っているという点があります。

きちんとした答えがあり、それに向けた理屈や根拠がしっかりわかるように説明するような話し方は相手にも伝わりやすく、説得力があります。

答えはあるものの理屈をきちんと説明できていない、感情的に話すだけで理屈が通っていないといった話し方だと相手に納得してもらえず、結局何が言いたいのかわからない独りよがりな印象を与えてしまいます。

相手の感情を刺激している

会話は一人ではできず、人と話すことで初めて成立します。そのため、自分だけが気持ちよく話すのではなく、相手の感情も刺激するような話し方が大切です。

人はその理屈が正しいか正しくないかといった判断をする前に、感情で物事を判断しやすいです。

相手が独りよがりな話し方をしていると感情が動かず、同意を得られなくなってしまいます。

反対に、相手の感情を動かすような声をかけ、感情を刺激するような話の内容を整えておけば、よりお互いに楽しみながら会話ができます。

堂々としていて信頼しやすい

自分の話をしっかり理解してもらう、共感してもらうためには、相手に信頼してもらう必要があります。

もともと信頼関係を築けているのであれば問題ありませんが、面接やスピーチなどでは初対面の人を相手に自分の考えを伝えなければなりません。

そんな人にも「この人の言っていることは共感できる、信頼できる」と思ってもらうためには、話の内容だけでなく堂々とした態度を維持することも大切です。

余裕があり、聞いていて不安にならないような態度を身に着けることも意識しましょう。

今すぐできる!話し方のトレーニング5選

笑っている女性

伝わる話し方を身に着けるには、発声から態度まで、さまざまな点を意識する必要があります。

上記で紹介した伝わる話し方を身に着けるために今すぐできるトレーニングを紹介するので、できるところから積極的に取り入れるようにしてください。

表情筋をほぐすトレーニング

伝わる話し方をするために表情は大切です。話す内容が正しくても、表情が硬かったり話している内容とちぐはぐだったりすると相手に違和感を与えてしまいます。

人は視覚から多くの情報を得ているため、相手に表情から話の内容を読み取ってもらうことが大切です。

また、口周りの筋肉をほぐすことで発声しやすくなり、はきはきと聞き取りやすい話し方をすることもできます。

口だけでなく目や眉も大きく動かすイメージで、「あいうえお」の口を作ってみよう!

普段から表情筋を柔らかくしておくことで、いつでも表情豊かに相手に伝わる話し方ができます。

ゆっくりハキハキと話すトレーニング

早口でぼそぼそと喋っていると相手に本来伝えたいことを伝えにくくなってしまいます。

ゆっくりハキハキと話す習慣を身に着けましょう。何気なく話したり興奮してきたりするとこれは忘れてしまいがちです。

話し方がうまいと感じる人の話をたくさん聞いて、話し方を真似してみるのもいいでしょう。

相手が気持ちよく話を聞けることを優先して、どんな話し方なら聞き取りやすいかをしっかりイメージしながら話してみてください。

話の内容をまとめてから話すトレーニング

伝わらない話し方をしてしまう人の特徴に、話の内容がバラバラで伝わりにくいという点があります。

思うように相手に伝わらないと感じることが多い方は、思いついたことからすぐに口に出してしまっているかもしれません。話し始める前に、話の内容をまとめる習慣をつけましょう。

まず結論を出し、そこから話の内容を肉付けしていきます。その段階で話す必要がないこと、脱線した内容などがないかを確認することも大切です。

これをマスターするのは難しく難易度が高いトレーニングですが、話の内容をまとめて口に出すだけであれば相手がいなくても練習できます。一人で何かテーマを決めて話す練習をするのもいいでしょう。

相手のことを考えて話すトレーニング

会話は相手がいることで初めて成立します。相手に伝わる話し方をマスターするには、相手のことを考えることがとても大切です。

  • 相手が今どんな感情なのか?
  • どんな回答を求めているのか?
  • 自分の話をきちんと理解してくれているか?
  • 相手が自分をどう思っているのか?

などを考えつつ話すようにしましょう。

相手の目を見て話すだけでも、相手の表情を読み取りやすくなります。そこから相手が何を考えているのかを判断しましょう。

相手の相槌をよく聞くこと、相手が質問をする余裕を持たせて話すことなども大切です。伝わる話し方のためには、とにかく相手を意識することから始めましょう。

自分の話を録音して改善するトレーニング

自分の話し方は自分では意識しにくいものです。

上記のようなトレーニングをしても、実際には自分がどれくらいきちんと話せているのか、トレーニングによってどれだけ話し方が上達したのかはわかりにくいですよね。

そんなときは、自分が話しているシーンを録音して聞き返すというトレーニング方法もあります。

  • 伝わりにくい話し方をしている
  • 相手の意見を無視している
  • 声が小さく聞き取りにくい

など、自分の話し方の欠点を探してみましょう。

今はラジオのように自分が好きに話せる無料のアプリもたくさんあります。視聴者の反応をチェックしたり、あとから自分で聞き返したりすることで、改善点も見つけやすくなりますよ。

もっと上達したいなら話し方教室に通おう!

笑っている男性

独学ではうまく話せる自信がない、トレーニングの仕方がわからないという方には、シアーミュージックアバロンミュージックなどの話し方教室もおすすめです。

話し方にコンプレックスを抱いている人は多く、全国でさまざまな話し方講座や教室、セミナーが開催されています。

アナウンサーや司会、声優など話し方のプロが上手に伝わる話し方のアドバイスをしてくれます。第三者から話し方を見てもらうだけでも、さまざまな発見を得られることでしょう。

ビジネスシーンなどで伝わる話し方を早く習得する必要があるという方は、ぜひ近くで開催されている話し方教室を探してみてください。

相手に伝わる話し方でもっと会話をスムーズに!

笑っている女性

会話は日常だけでなくビジネスシーンなどでも非常に重要です。

より良好な人間関係を築くためにも、話し方に自信がない方はトレーニングを取り入れることをおすすめします。

滑舌や表情筋のトレーニングをするだけでなく、話す内容や相手の反応を意識することも大切です。

  • 自分の話し方にどんな欠点があるのかわかりにくい
  • 客観的な意見を聞いて改善点を知りたい
  • もっと効率的に上達したい

という方は、話し方教室をチェックして無料体験レッスンでフィードバックをもらいましょう!

ブログ記事のサムネイル

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次